パソコン再生に関するご質問

映像と活用のヒント

パソコンでの再生に関して

DRIVEMANシリーズは一般的な映像ファイル形式を採用していますので、お手元のパソコンなどで撮影した映像を楽しむこともできます。
再生に必要なマシン環境は以下の通りです。
※パソコン上での利用方法に関しては、パソコンの基本操作の問題のため、当社では一切サポート致しません。
ご不明な場合は、各自パソコン教室などで学習をお願いいたします。

必須条件:
1・Windows 7以上で動画再生能力のあるビデオカード搭載パソコン。
2・SDHC規格のカードを読み取れるカードスロット。
3・Mov/H.264形式の映像再生に必要なソフトと十分なハードディスク容量。およびメモリ。


・PCでドライブレコーダーの動画を再生するには高い動画再生能力が必要です。ご自身のPCスペックが不明な場合、ブルーレイ対応のドライブなどが標準で付いていればまず大丈夫です。
・ドライブマンには再生ソフトウェアは付属しません。映像ファイルをダブルクリックして再生出来ない場合は QuicktimePlayerなどの、MOV形式対応の市販ソフトやフリーソフトをご利用下さい。
・正常な記録映像でも、お使いのパソコン性能によっては表示がコマ飛びになります。お使いのパソコン性能が限界なためで、ドライブレコーダー製品の欠陥ではありませんのでご容赦下さいませ。ソフトを変えたりコーデックを入れると改善する場合があります。
・SDHCカードのデータは一度パソコン内にコピーしてからご覧下さい。SDから直接再生すると再生読み込みが間に合わない場合があります。 古いパソコンの場合、SDHCカードそのものを認識しない場合がありますので、最新の外付けカードリーダーをご利用下さい。