ドライブレコーダーを選ぶポイント

ドライブレコーダー
ドライブレコーダーを選ぶ際のポイント

ドライブレコーダーは、突発的な事故や、当て逃げ、事故、車上荒らしなどのトラブルがあった際にとても役立つものです。そのトラブルの一部始終を録画してくれ、トラブルの原因や相手の動き、自分の動きを映像として残せる事により、トラブルの早期解決に役立ちます。
ドライブレコーダーは今まで主に、バス会社やタクシー会社、警察車両、ドライビングスクールなどで導入されていました。しかし最近では個人で利用する方も増えていますし、 種類も多く出て性能も様々ですので、比較をしながら目的に沿ったおすすめ製品を探しましょう。

ドライブマンの魅力
比較ポイント

■高画質を選ぶ
トラブルが起こってしまった時、画像が鮮明な方がその場のあらゆる事を理解出来、分析しやすくなります。
例えばそれが当て逃げ時の映像だとして、ハイビジョン/フルハイビジョンの高画質な映像は当てた車やバイクのナンバーや車種が分化わかりやすく、犯人を見つける大きな手掛かりになりますし、どんなぶつかり方をしたのがわかれば当てたその車やバイクの破損箇所も見当をつける事が出来ます。 また、車上荒らしや、言いがかりをつけてきた人の顔もハイビジョン/フルハイビジョンの映像なら鮮明に映し出す事が出来、トラブル解決に役立ちます。
従来のものと比較すると現在のハイビジョン/フルハイビジョンドライブレコーダーの性能の良さがわかります

■常時録画と適度な広角
トラブルなどがあった時、ショックセンサーだけだと反応しないで記録が無い場合もあります。常時録画であれば大切な場面を撮り逃す事がありません。また、映像を振り返る事で反省し同じトラブル防止にも役立てる事が出来ます。少しでも多くの情報が取り入れられるよう、広角レンズのドライブレコーダーがおすすめですが、あまり広いと周辺が歪みますので逆にナンバーは読み取り難くなる弊害もあります。数字の比較に騙されずに事前に録画映像を見て画角と歪みも確認しましょう。

■LED信号がきちんと映る事
トラブルがあった時、信号がどのサインを示していたかが重要になる時があります。従来のドライブレコーダーでは、LED式の交通信号機が同期して数秒消え黒くなるという問題点を持つものもあるので、きちんと映し出すものを選びましょう。ドライブマンシリーズはLED信号に対応していますのでおすすめです、消えて黒くなってしまう事はありません。高速で点滅はしますが、それはLED信号そのものが点滅しているためで点滅は映っても正しい映像ではあります。

※LED信号はもともと交流電源に合わせて高速で点滅しています。そのため信号が三色全て消えた状態に撮影がピッタリ合ってしまって黒くなってしまう事をLED信号の同期現象といいます。 なお、LEDは高輝度のため、色が白く飛んで認識しにくい問題もありますが、信号はライトの位置で色が決まっていますので、白飛びはあまり問題にはなりません。

■低ノイズである事
ノイズが強いとETCや地デジ、ラジオ、GPSナビなどに影響が出てしまいます。ドライブマンは世界的な基準であるアメリカのFCCに準拠しています。ただし、低ノイズの製品でもドライブレコーダーの電源ケーブルは、車内のアンテナ類からは離して使用しましょう。 アンテナ類に近いと電源ケーブルが車体のノイズをアンテナに誘導してしまう場合があるからです。特にAMはアンテナを手で触るだけでもノイズが乗る不安定な電波帯です。AMでノイズが出た場合、多くはラジオ側の性能の影響もあります。

楽天市場ランキング上位のドライブレコーダー比較表
Y社 C社 1080GS 1080sα
画素数 300万 100万 500 400
水平画角 130度 105度 130度/90度 115度
最大記録サイズ 2304×1296 1270×720 1920×1080 2304×1296
衝撃検知
再生方法 本体/TV/PC/スマホ 本体/TV/PC 本体/TV/PC 本体/TV/PC
LED信号対策 ×未記載 ○ただし地域不明 ○全国対応 ○全国対応
ノイズ対策 ×未記載 ○規格は未記載 ○FCC準拠 ○FCC準拠
駐車録画 × ×
フレームレート 30 5/10/15/30 27.5/30 30/45/60
ファイル間GAP ×未記載 ×未記載 0.05秒 0.05秒
GPSアンテナ × ※オプション
メーカー価格 \35,100 非公開 \33,048 \30,888
(緑)優位。(黄色)次点
2016/5の比較データです。