トラブルを回避

トラブルを回避
トラブルをドライブレコーダーで回避

交通事故の記録映像や安全運転のため事故防止教材として注目されているのがドライブレコーダーです。常時録画タイプや高画質タイプなど通販でも様々なおすすめがあります。最近では交通事故以外に予測される車のトラブル防止・対策方法としても期待されています

事故以外に考えられる車のトラブル
事故以外に考えられる車のトラブル

愛車でのカーライフを楽しんでいる方にとって、車でのお出かけは楽しいものです。しかし、そんな楽しい気分を一瞬にして台無しにする車のトラブルと言えば、車上荒らしや当て逃げといった車のトラブルではないでしょうか。
こうしたトラブルは現行犯で捕まえる事が困難で証拠を押さえるのも難しいため、被害に遭っても泣き寝入りになるケースも少なくないようです。

ドライブレコーダーの弱点克服
ドライブレコーダーが出来る事

車上荒らしや当て逃げといったトラブルや犯罪に巻き込まれてしまった時に、ドライブレコーダーが役立つ場面もあるかもしれません。例えば、ドライブレコーダーの中には車のエンジンを切っても一定時間エンドレスで常時録画し続けるタイプがあります。 商業施設などの大型駐車場では見回りの頻度が少ない事もあり、故意ではなくとも当て逃げしてしまう人もいらっしゃるかもしれません。
大事な愛車を傷付けられてしまってどうにかしたいという方にとって重要な証拠映像となるのではないでしょうか。

※証拠品になるには、裁判で裁判官に証拠として採用される必要があります。それまでは参考資料扱いです。原本は大切に保管しましょう。

自分の身を守る手段として
自分の身を守る手段として

こうした当て逃げや車上荒らしなどの窃盗は、警察に捜査を依頼しても捜査員不足で未解決のまま処理されてしまうケースも多いです。
しかし、契約駐車場など利用する人が限られる場所での当て逃げや窃盗であれば、証拠さえあれば犯人を特定しやすいケースもあるかもしれません。高画質で鮮明に録画した映像であれば、刑事事件としては難しくとも、民事裁判レベルで損害賠償請求する事も出来るようになるのではないでしょうか。

ドライブマンの強み

ドライブレコーダーは自家用車への普及が強く期待されるカーオプションの1つです。これから色々な活用法が出来るものになりますので、ぜひ注目してみて下さい。