本文へスキップ

撮って楽しいドライブレコーダー|ドライブマンのコンセプト

コンセプトCONCEPT

ドライブマンとは

あなたは事故記録だけを目的としたドライブレコーダーに満足できますか?
高画質なドライブマンなら美しい映像で楽しいドライブを記録します。
日常の道路風景から休日の観光地へのドライブ、四季の沿道の風景撮影などを
「撮って楽しいドライブレコーダー」がコンセプトです。ドライブレコーダー映像
お求めはアサヒリサーチ各店へ。
楽天市場ヤフーショッピング

警察も採用のその分けは信頼と実績。

パトカー

ドライブマンシリーズは警視庁との共同開発のPSシリーズを初め多くの警察に採用頂いてます。
発売後もファームアップで改良を重ねていますので、流行に流されず長くお使いいただけるため、法人向けにも多数ご採用頂いてます。
技術に支えられた信頼と実績!それがドライブマンの強みです。

独自の新技術採用

■日本中どこでもLED信号が消えない。
従来のドライブレコーダーの問題点であるLED式の交通信号機が同期して数秒消える問題を解消しています。

※LED式信号機はその特性として高速で点滅して撮影される場合や、色の識別ができない場合はあります。それにより発生した損害については一切責任を負いません。

■同期のサンプル映像
他社の多くのドライブレコーダーはこの映像のように信号がゆっくり消えて、また戻ります。


■フルタイムRECで撮り逃しなし
常時録画のため、衝撃検知式と違い反応せずに撮り逃がすといった事はありません。
映像はH.264 MOV方式で5分ファイルに区切って撮影順に多数のファイルで記録されます。
※5分単位のファイルに分割保存し、容量一杯になった時点からエンドレスで上書き。

従来技術では前のファイルと後ろファイルの書き込みタイムのロスが1〜2秒必要でしたが、 このタイムロス問題を新技術で解決しギャップは0.05秒以下とほぼゼロにしました。 1秒27.5コマの場合、各コマ間隔は0.036秒なので、0.05秒以下であれば2つのファイルを繋げても分からないくらいスムースな繋がりになりますので、映像編集も余分な修正をする必要はありません。

もし2つの動画ファイルでギャップをゼロにするために録画を重ねた場合、編集時に余計なカット作業が発生してしまい、大変面倒になります。他社製一部製品のように、わざわざ重複録画をして表面上ゼロにする事は意味がありません。

※1.5秒のギャップは時速60キロの場合、25mも進みます。0.05秒なら60キロの場合、0.8m。


■安心の駐車監視
従来のドライブレコーダーは走行映像しか撮影しませんでしたが、ドライブマンはいち早く、エンジン停止後も駐車監視をする機能「セキュリティモード」を搭載し評判を呼んでいます。
最近では電池を積んで数十分だけの監視や衝撃センサーで監視が出来る製品も出はじめてはいますが、ドライブマンのように長時間連続で駐車監視が出来る物はありません。
特許を取得しているドライブマンのセキュリティモードは、まさに最強の駐車監視と言えるでしょう。

「セキュリティモードのメリット」
・コマ撮りのため長時間撮影でもSD容量を圧迫しない。
・車のバッテリーを使うため長時間動作する。
・センサーとは違い衝撃の大小に影響されない。
・画質が綺麗

■火災に繋がる電池は不採用
電源寸断の際、最終録画を保存するには他社では電池を採用していました。しかしその電池が災いとなり火災を起こす問題も発生しています。

しかし、ドライブマンは当初より電池は積んでいません。
では、最終録画はどうやって保存するのでしょう。
その解決方法はスーパーキャパシタの採用です。
この素子はコンデンサーの一種で電力を蓄えていますので、この電力を最終保存に使っているので火災の心配もありません。

あなたもドライブマンを付けませんか?

ドライブレコーダーのパイオニア!それがドライブマンです。あなたもドライブレコーダーを付けて安心を手にいれませんか?
そして豊かなカーライフをお送り下さい。

お求めはアサヒリサーチ各店へ。
楽天市場ヤフーショッピング