ドライブレコーダーの製品一覧

Driveman の法人向け仕様ドライブレコーダー

企業向けドライブレコーダーの機種選びに悩んでいませんか?

ドライブマンなら、各モデルに法人仕様がありますので悩む必要はありません。
対象機種:T1080GS/T1080sα/GP-T1。
※機能については従来機種1080GS/1080sα/GP-1と同じです。

トラック協会仕様以外に一般企業様向けの法人向けモデルもございます。
対象機種:720α+/1080sα
※機能については、運転手が勝手に操作しないよう、制限を掛けたモデルになります。

■参考資料:各トラック協会の助成状況表
※助成は年度や予算の消化状況によって内容が異なりますので、実施状況は各協会にご確認下さい。

   トラック協会別ドライブレコーダー助成金一覧表

DRIVEMAN GP-T1(ドライブマン ジーピーティーワン)
  • 1296x2304の2K高画質となめらか45fpsのフルハイビジョン、長く撮影できるハイビジョン。
    多彩な解像度を採用。目的に合わせて選べます。
    ※センサーは余裕の400万画素、実効画素数は最大300万になります。
  • 走行中も液晶画面に撮影映像の常時表示が可能。
  • アンバレラ製高速チップA7採用で夜に強い高画質。
    ※ナンバーの読み取りは明るさや速度、距離など撮影環境に
    左右されます。
  • 全国LED信号の同期消失現象に対策済み。
  • 倒立撮影可能。逆さまに撮影出来ますので、本体を逆さまに設置した場合に便利です。通常・セキュリティいずれも倒立します。
  • エンジンオフで3時間コマ撮り撮影のセキュリティモード搭載。
    (特許の駐車監視機能)
    さらにカスタム設定で駐車撮影時間やコマ数の変更も可能。
    「セキュリティの起動について」
    ・マニュアル設定はエンジンオフ後いったん電源が落ちます。必要に応じて手動で電源ボタンを押せば3時間1秒1コマ撮りの駐車監視を開始します。
    ・オート設定はエンジンオフで自動で3時間1秒1コマ撮りの駐車監視を開始します。
    ・カスタム設定はエンジンオフで自動で予め設定した内容の駐車監視を開始します。
  • 付属の電圧監視型電源は駐車録画開始15分後から監視を始め、バッテリーが約11.8Vより低下すると自動的に電源を切断しますので、録画の電力消費が原因のバッテリー上がりを防止します。
    ※12V車の場合。24V車は23.6V
    ※半ドアやルームランプの消灯忘れなど他のミスが原因のバッテリー上がりまでは保護出来ません。
    ※走行時は電圧変動が大きいので監視しておりません。
  • 衝撃で映像を保護するショックセンサー内蔵。
    強さ:感度「強」 1>>>10 感度「低」   
  • 撮影映像はHDMI経由でTVでも見る事が出来ます。
    ※セットによってはミニHDMIケーブルやACアダプタは付属しませんので、必要に応じて別途お求め下さい。
  • SDHCに記録。SDHCは8GB~32GB、SDXCは64GBまで対応。
  • SDが無いと電源が落ちますので、SDを入れてエンジンを掛け直して下さい。
  • 別売りオプション:写り込みを抑えるPLフィルター。
駐車監視のドライブマン GP-1ドライブレコーダー
  • 2K
  • 45FPS
  • LED
  • Gsensor
  • SD
  • REC
  • SECURITY
  • TV
  • PLfilter
    ※オプション
  • GPS
  • JPEG
DRIVEMAN T1080GS(ドライブマン T1080ジーエス)終了
  • 運行管理ソフト。
  • 1920x1080のフルハイビジョン映像。
  • 撮像素子は余裕の500万画素CMOS採用。
  • 走行中も常時液晶に撮影映像の表示が可能。
  • ナンバーが読み取れる高画質。
    ※明るさや速度、距離など撮影環境によります。
  • LED信号の同期消失現象に対策済み。
  • GPSにより時計の自動補正。
  • Gセンサーによる衝撃感知と自動保存。
  • 衝撃時の静止画像をマーカーとしての保存と該当動画へ。
    のジャンプ再生機能。
  • エンジン停止後3時間コマ撮り撮影のセキュリティ機能。
    ※特許取得済み。
  • フルハイビジョンで対角110度の広角。
  • GPSマップデータの利用が可能です。
  • 撮影映像はHDMI経由でTVでも見る事が出来ます。
    ※HDMIケーブルやACアダプタが付属しませんので、別途お求め下さい。SDはご注文の構成内容によります。
  • SDHCカードに記録。SDHCは32GBまで対応。
  • 別売りオプション:写り込みを抑えるPLフィルター。
ドライブマン1080ジーエス
  • full
    HD
  • LED
  • Gsensor
  • GPS
  • SD
  • REC
  • SECURITY
  • TV
  • PLfilter
    ※オプション
  • JPEG
  • EASY
    set up
DRIVEMAN T1080sα(ドライブマン T1080エスアルファ)
  • 運行管理ソフト。
  • 2304x1296Pの2K高画質と、なめらか45fpsの1080P
    フルハイビジョン画質、長く撮影できるハイビジョン720P
    モードを採用。目的に合わせて選べます。
  • 走行中も常時液晶に撮影映像の表示が可能。
  • アンバレラ製高速チップA7採用で夜に強い高画質。
    ※ナンバーの読み取りは明るさや速度、距離など撮影環境に
    左右されます。
  • LED信号の同期消失現象に対策済み。
  • 倒立撮影可能。
  • エンジンオフで3時間コマ撮り撮影のセキュリティモード搭載。
  • 衝撃で映像を保護するショックセンサー内蔵。
  • GPSマップデータの利用が可能です。
  • 撮影映像はHDMI経由でTVでも見る事が出来ます。
    ※HDMIケーブルやACアダプタが付属しませんので、別途お求め下さい。SDはご注文の構成内容によります。
  • マイクロSDカードに記録。SDHCは32GBまで、SDXCは64GBまで対応。
  • 外付けGPSアンテナもセット。
  • 別売りオプション:写り込みを抑えるPLフィルター。
ドライブマン1080エス・アルファ
  • 2K
  • 45FPS
  • LED
  • Gsensor
  • micro
    SD
  • REC
  • SECURITY
  • TV
  • GPS
  • PLfilter
    ※オプション
  • JPEG

【Driveman用運行管理ソフトを新開発】
・急発進、急ブレーキ、急ハンドル(イベント)回数を自動測定。・
・指定の期間でイベントの合計回数を一覧表示。
・イベントの基準(イベントレベル)はパソコンで設定変更可能。 (ドラレコ本体の感度調整不要)
・走行時間、距離、最高速度、平均速度、走行中平均速度表示。
・任意設定の速度超過回数、超過時間の表示。
・動画ファイル中のイベント発生箇所をアイコンにて表示。
・動画再生ソフトと連動しイベント発生直前からの動画再生。
・動画再生とイベントレベル調整を利用し車輌やドライバーに合わせた緻密な感度調整可能。


【従来機種との変更点】

・セット内容はフルセットからACアダプタとHDMIケーブルを除いたスタンダードセットで、Driveman1080sα についてはGPSユニットが標準装備となりました。
・梱包内容を大量導入に向いた構成にし、法人様により導入いただき易いセットにしました。
※梱包内容

詳細は営業部までお問い合わせ下さい。

製品比較表

DOWNLOAD